ミスズライフ

農業法人・ミスズライフ

GREENHOUSE
自社農園直送 新鮮な野菜や果実の販売、スムージー&ガレット

新鮮野菜直売所 Hollyhock
ぼかし肥を使った野菜栽培の新鮮野菜直売所

一粒万平
キノコと野菜のこだわりレストラン

一粒西海
軽井沢で栽培された自社製粉蕎麦

一粒新宿
自社栽培のきのこと野菜をふんだんに使ったごちそう蕎麦

北信濃味だより
ギフト通信販売をご希望のお客様は、こちらをご覧下さい

HOME > 農業法人・ミスズライフ > 地域の農業を元気に

ご馳走するこころを、信州の生産現場から

市場・流通と直結した生産現場ならではの大胆でタイムリーな発想や提案を、独自の生産技術を駆使して実現するというミスズライフのスタイルは、市場で高く評価され、ブナシメジやベビーリーフの売り上げ伸長につながっています。

しかし、どんなに技術革新を進めても、わたしたちがめざすのはメーカーではなく、「農業生産者」であり、生産の立場から発信する「食の提案者」です。あくまでも生産に基軸を置き、その実態を消費者に理解してもらうこと、同時に、いわゆる消費者ニーズにまどわされることなく、消費者が本当に求めている農産物を理解し、生産現場を変えていくこと。その積み重ねの中にこそ農業の新しい可能性があると信じています。

region01.jpg

未来へとつなぐ夢ある農業をめざして

信越に広がる各生産拠点では、多数の若いスタッフが誇りと気概を持って農業に携わっています。土にまみれて汗する耕作はもちろん、ブナシメジ工場での作業も、ベビーリーフの種をまく作業も、研究室での技術開発も、取引先への営業も、そしてよりよい生産に向けて知恵を出し合い議論を重ねることも、すべてが〝農作業〟の一環であり、生産の喜びに満ちた夢のある仕事だと、みんなが理解しています。未来の農業を支え、さらなる発展へつなげていく力となることを確信しています。

新しい「農」を追求する真摯な取り組みのひとつひとつが、四季の彩りに満ちた日本の美しい風景と豊かな食文化を守りはぐくんでいくことを願い、ミスズライフの挑戦は続きます。


コラム

露地野菜

ブナシメジとベビーリーフの開発経験を糧とし、露地野菜をはじめとする信州の気候風土を生かした新たな生産アイテムの研究・開発も積極的に進めています。

ページ先頭へ