ミスズライフ

きのこ人日記

GREENHOUSE
自社農園直送 新鮮な野菜や果実の販売、スムージー&ガレット

新鮮野菜直売所 Hollyhock
ぼかし肥を使った野菜栽培の新鮮野菜直売所

一粒万平
キノコと野菜のこだわりレストラン

一粒西海
軽井沢で栽培された自社製粉蕎麦

一粒新宿
自社栽培のきのこと野菜をふんだんに使ったごちそう蕎麦

北信濃味だより
ギフト通信販売をご希望のお客様は、こちらをご覧下さい

HOME > ブログ > きのこ人日記

キノコ人東京に移動か?

栄村の地震からもうすぐ2年が過ぎようとしています。本当に沢山の皆さんに応援をいただき栄村の白鳥工場も順調に生産をのばし1日3500kgものブナシメジを全国のレストランチェーンで食べてもらっています。1食に20gとしても毎日17万人以上の人の口に被災地栄村のブナシメジが運ばれていると思うだけでなぜかウルウルしてくるキノコ人です。震災以降一番変わったことは妙に涙もろくなったことで、テレビで、頑張っている人が紹介される番組や、人と人の絆なんて話になるとドット泣いてしまう。これがテレビのクイズ番組で単なる肉体的老化現象だと教えられ内心複雑なことになっています。

DSC00080.JPG
(白鳥工場 屋根雪下ろしの様子)

 栄村の工場も、津南町の工場も今年は雪が少ないといっても1m以上の雪の中です。この雪の中で毎日キノコが育ち、都会人に食べてもらいお金をいただく、そのお金でピカピカの四駆の軽自動車を買い、毎日颯爽と出社する頼もしい元気なオバチャマたちの集団。ここには高齢化率65%の限界集落の影はみじんもありません。5年ほど前になるが津南工場が5m近い豪雪におおわれ、自衛隊が出動するという事態になり、キノコ人も4時間かけてやっとの思いで駆けつけると、猛吹雪の中大型トラックが出荷口につけられ、なかでは元気な笑い声と掛け声が飛び交って、「家の雪かきは大丈夫か?」と聞けば「そんなの父ちゃんと爺ちゃんの仕事」とか「雪かきするなら実家に帰りますと、いつも言ってあるから大丈夫。」と笑い飛ばす。それよりも今日頂いたオーダーに間に合わせて包装することに真剣なのだ。都会人と自分たちが作る商品でつながっていることを実感し、自分たちの役割に自信と確信が持てたとき、地方人は底知れないエネルギーを発揮するのです。キノコを作っていて良かったと思う瞬間です。帰りの車は吹き付けるフロントガラスの雪と、涙で曇るメガネで大変でした。
 今、栄村では震災からの復興についていろんな分野からの検討が進められています。でもそれは震災からの復興というよりは、高齢化、過疎化という構造的な問題をどうするのか、産業をどう作り出すのかという話で、震災前からある問題とほとんどだぶっています。つまり、キノコで作ったような都会人との関係をもっともっといろんな農産物やサービスとして作り出すことができるのか?そのために何が必要なのかということになります。
 震災以降栄村にはたくさんの都会人が支援に駆けつけてくれました、そしてたくさんの交流も生まれました。自然が素晴らしい、お米がおいしい、山菜がおいしい、空気がおいしい、住民が親切で優しい、みんながみんなそう言ってくれます。でも、それが何カラットの感動なのか?何円の付加価値なのか田舎人には、そして東京に住んだ経験のないキノコ人にも皆目見当がつかないのです。都会人のために田舎人は何ができるのか?都会人が田舎に求めているのはなにか?その本気度は如何程なのか?それを知ることが求められているのかも。都会から来てもらうだけでなく、逆に田舎を知り尽くした田舎人が都会生活を経験することの必要性を感じ、キノコ人ただ今本気で東京移住を考えはじめています。

長野県北部地震

 都はるみサンが来てくれて二十周年記念が大成功に終わり、皆でご苦労さんの声を掛け合っていたら、翌日が大震災。テレビにくぎ付けになって被災地のことや今の仕事のことなどで、眠れない夜を過ごしていると明け方の突然の激しい揺れ、東北の余震なら震源地は想像もつかないとテレビスーパーを待つ。

なんと、震源地は栄村ではないか。
慌てて栄村の母親に電話すると家の中は危ないので外で避難しているとのこと。相変わらず落ち付いていて「おーひどかっとー」で電話を切られた。きのこの工場の様子を聞きたいと電話をするがもう通じない、兎に角着替えて本社に向かう。本社に集まった社員の情報を総合すると黒姫、飯綱工場は無事、津南工場も若干の被害である事はわかったが、栄村については通行止めらしいとの情報だけで何も分からない。母親の「おーひどかっとー」の明るい声が唯一の希望、結局きのこ人は本社に残り2台の車で栄村に向かう。通行止めの度に係りの人と交渉しながら栄村に入る事が出来た2台から1時間後に連絡が入る。全戸停電であること、、当然工場も、余震がひどく全てを確認できないが、中の培養器は全て倒壊している事がわかった。電源復旧した場合のショートや漏電を防止するため、元ブレーカーを落とし戻ってもらうようお願いし、両親も一緒に連れ帰ってもらう。
  2台の車が本社に戻って来た頃には空はいつも通り明るくなりかけていた。東北の被災地の事ばかり考えていたのに、今は自分もその中にいるという実感がない。救いは、集まるスタッフがみんないつもより生き生き輝いて見えたことだ。両親の無事を確認し自宅で落ち着いてもらう事にし、再度栄村の工場に向う。途中通行止めの指示が至る所にあって、その都度事情を説明しどうにか工場に入る。LEDライトに照らされる工場内は目を覆うばかりの惨状で足が竦み、思考が停止しそうだ。さてどうするキノコ人。
その時何故かキノコ人の脳裏にキノコ人が保育園児の頃長男がガーデントラクターごと近くの踏切で急行列車と衝突したときのことが頭をよぎった。息を切らせて知らせてくれた近所のおばさん、動転して慌てるお袋を見ながら親父は近くの箱に腰を下ろしておもむろに煙草に火を付けた。そしてお袋に毛布と段ボールを用意させて現場に向かった。後で聞くところによると段ボールは、ばらばらになった遺体を集めるために、毛布は跳ね飛ばされて怪我で済んでいたなら包んでやらなければと思ったそうだ。幸い長男は全治3カ月の重傷ですみ、今もキノコ人と元気にキノコを作っているが、その瞬間頭の中で何かがキノコ人よ慌てるな 落ち着け、落ち着け と言っているような気がした。

そういえば今日は土曜日、明日は日曜日、やっとの思いで駆けつけてくれた皆に取り敢えず今日と明日はゆっくり休むことを提案し帰宅しました。
キノコ人はといえば、久し振りに来てくれた栄村の両親とスーパーに買い出しに出たり、母親の地震直後に自分がいかに冷静だったかという自慢話に付き合ったり、久し振りの親孝行したりしてボンヤリと2日間を使い切ってしまった。そして月曜日、凄まじいエネルギーの中で戦いが始まった。

00001.jpg

IMG_1181.JPG

IMG_1183.JPG

IMG_1187.JPG

年々増え続ける耕作放棄地に囲まれて...きのこ人は

農業が注目されマスコミでは毎日のように素晴らしい事例が報告されている。自分たちも負けずに頑張ろうと思いつつ、現実とのギャップの中で揺れ動いている。

私の農場では、明日は収穫だと思っていた新種のとうもろこしが、一夜にして全滅状態。相手が熊(?)ではどうしようもない。やられた~と叫ぶだけだ。

それでもまだまだ負けていられないきのこ人は、となりのとうもろこし畑に電気柵を用意した。その額なんと12万円。とうもろこし1本の経費は?とても怖くて電卓も打てない。この電気柵はソーラー式の高性能のもので、人間でもビビッと来るのだそうだが、これは怖くて誰も試してみる勇気はない。

山里は今人間が減り、そのぶん熊や猿、いのししなどが多数派になりつつある。
本当にここで農業ができるのか?

民主党は所得保障云々といってくれるが、農政が向けるべき現場はあまりにこわれていて、複雑なのだ。若者たちの不安げな視線の中できのこ人の挑戦は始まっています。

修羅の道からの決別

2004年から中断したきのこ人日記、中断の理由はきのこ人の根性無しの性格に尽きるのだが、この間、きのこ人はいささか混乱状態で農業や地方について何も言えなくなっていたのも本当だ。夜間に信州大学の社会人向けの経営大学院にも通ったりしてもみたが、状況は何も変わらなかった。そもそも何をめぐって混乱しているのかさえ整理できない状態が続いていたのだ。それなのに、この間にも会社は信濃町にきのこ工場を立てたり、従業員も増えたし、売り上げも増え続けてはいるのだが、きのこ人にとっては「修羅の道」を突き進む感覚でしかなかった。売れるから作る、コストを下げるために規模拡大する。この有様はどこにでもある民間企業のシェア競争とどこも変わらない。確かに生産原価が下がれば販売価格が下がり、消費者にとっては悪いことではないし、それは否定してはいけないことだと思う。

でも、でも、農業はどこか違うのだ。きのこ人たちが生きる田舎が抱える問題はこんなことでは絶対解決しない。

話題は突然変わる。聞きなれない単語だが農業の世界では「種苗法」とか「種苗登録制度」が重要視されている。企業や個人が新しい品種を開発し農水省に出願することで権利化することができる制度のことで、2次産業における特許法に似た制度なのだが。きのこ人の会社でも生態の違うきのこを交配してできたきのこをいくつか登録して権利化しているのだが、申請のたびに、このきのこを作ったのはいったい誰かという疑問が頭をよぎる。私たち人類はいまだに、ひとつの細胞さえも人工では作れていないのだ。きのこの世界ではより新しい原種を求めて世界中を探し回り、交配育種を繰り返すことで登録、権利化している。何万年もヒマラヤ山脈のどこかで生きながらえてきたきのこが、日本の企業で権利化されヒマラヤでは人工栽培できなくなることだって充分予測される。

きのこ人は思う。農業はそのような地域の風土や環境が作り上げてきた自然の下でしか成立できない。人間だってその中の一要素にすぎないし、まして農業を法人化し肥大化させてもそれはやはり、一時しのぎの「修羅の道」ではないのか。

農業法人は大型化や価格競争のための組織形態であってはならない、地域の食物連鎖やや人々の生きざまの中にしっかりと足をつけた存在でなければどこかで破綻する。きのこ人の会社は去年5haの耕作できない農地を取得してしまった。正直してしまったという感覚だ、思えば思うほど農地を持つことの意味と責任は重いのだ。

きのこ人日記再開の決意

本当に長い間忘れられていた きのこ人 ですが、少し元気がもどってきました。
それも、会社の方向を生産に機軸を置くことと固く決意したからでしょう。もう迷わずこの道を進みます。というわけで、今後は「きのこ人野菜を作る」の模様をこのページでお伝えします。

 1   2 
ページ先頭へ